×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高血圧の原因はあなたの生活習慣にあります

高血圧の人のための入浴法

高血圧と入浴について

 

皆さんご存知のとうり、高血圧の方は入浴にも注意が必要です。

入浴中に死亡してしまう原因の約半数は心筋梗塞といわれています。

 

心筋梗塞は高血圧の合併症であることからも、

高血圧が心配される方の入浴法も注意が必要です。

 

では、具体的に入浴時はどのようなことに気をつければよいのでしょう。

高血圧の方は急激な温度変化は、血圧を急変させてしてしまう場合があります。

 

特に、脱衣所と浴室の温度差をないないようにすると良いとされます。

脱衣所などの室内温度が低いと血管が収縮して血圧が上昇し、

熱い湯船に入る事で交感神経が刺激されて血圧が急上昇し心筋梗塞などを引き起こすのです。

 

特に冬場の入浴中に血圧が上がりすぎて倒れるケースが多いですね。

寒い浴室に入って熱いお風呂に入ることで血圧が急上昇して、動脈硬化を起こしている血管が耐えられずに心筋梗塞や脳出血を起こすからとされます。

 

高血圧の場合の適切な入浴法は、脱衣所や浴室内部をしっかり温めて

浴室内と脱衣所の温度差をなくすことです。

 

また、入浴時に汗をかきすぎて血液が濃くならないように

お風呂に入る前に水分を補給することも大事です。また、過度の飲酒は危険です。

 

お風呂の適温はぬるめの38℃〜40℃、入浴時間は5,6分程度に抑えるのが良く

半身浴も心臓に負担が少ないのでお勧めです。