×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高血圧の原因はあなたの生活習慣にあります

高血圧の基準ってどのくらい?

高血圧の基準は、最高血圧で140以上、最低血圧で90以上といわれています。

 

高血圧でない方でも、健康の為にも血圧チェックは出来るだけ毎日行いたいものです。

 

 

高血圧では上記の数値である場合、高血圧症と診断されます。

 

 

また、合併症を予防してリスクを抑えるには、正常血圧の最高血圧が130未満、最低血圧85未満により近いのが(最高血圧が130〜139、最低血圧が85〜89)理想的と考えられているようです。

 

 

高血圧は心筋梗塞や脳卒中などの合併症を起こしやすく、血圧を下げ正常値に近づければ合併症のリスクをより低くする事が出来ます。

 

 

血圧は病院などで測る時と、自宅で測る時では値に違いがあるといわれています。高血圧症の方がお医者さんに血圧を測るよう指導された時は、必ず測定する時間など条件を同じにしておくのがポイントです。

 

 

診察を受ける為に病院で測った場合を外来血圧や随時血圧などと呼び、自宅で測る家庭血圧とでは最高血圧が20〜30mmHg、最低血圧で10mmHgも高くなるようです。ですから、自宅での血圧測定が望ましいのです。

 

 

看護士さんに緊張して血圧が高くなるのか、病院の雰囲気などで緊張する為か、自宅で安静時に測った値よりも血圧は高くなりやすく、医師の診断の妨げになる事もありますから、やはり毎日の血圧チェックは正しく行うことが大切でしょう。

 

 

そして、高血圧というものはなかなか症状としてでてきません。日常生活にも高血圧がひどくない限り、支障もきたしません。

 

 

しかしながら、高血圧で一番怖いのがなんといっても合併症なのです。

 

 

血圧というのは、簡単に自身の健康をチェックできるものですから、毎日の血圧チェックは大事ですね。

高血圧って種類があるの?

高血圧には二つの種類があります。

 

高血圧の日本人は、9割が本態性高血圧です。

 

本態性高血圧とは、血圧の高い家族が多いなどの遺伝的な要素が高かったり、

成長時の栄養状態や運動の頻度により高血圧を発症することを言います。

 

また、ストレスやタバコ・飲酒なども発症する原因とされ、

たくさんの要素が絡んでいる為、高血圧の原因がはっきりしない方がほとんどです。

 

体質的に血圧の高い方が、塩分の取りすぎや運動不足といった生活習慣で

高血圧症を発症される方が多いため、日頃からの生活習慣は大切になります。

 

 

高血圧のもう一つの種類は二次性高血圧です。

 

これは病気や薬が原因となって起こる高血圧で、原因である病気が治癒すると、

血圧も自然に下がって平均的な値になる事が多いとされます。

 

血圧を上げる病気には、大動脈縮窄症、慢性腎盂腎炎、副甲状腺機能亢進症、自律神経失調症などがあります。

 

最も多いのが腎性高血圧からくる高血圧とされます。

また、ステロイド剤、経口避妊薬や抗うつ薬などの影響からも、

高血圧になる事が確認されています。

 

また、どちらのタイプかで治療法も違ってくるので、

医師の指示を仰ぐのが最善です。

 

日本人の9割の本態性高血圧は、原因からみても生活習慣からきているものなので、

さまざまな病気の原因とされる高血圧を改善させるためにも

生活習慣の改善に努めましょう。