×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高血圧の原因の大きな要因にストレスがあります

ストレスがなぜ高血圧の原因となるのか?

高血圧になる要因の一つにストレスがあります。

 

ストレスでイライラすると交感神経が刺激され、血圧が高くなる事があり、

ストレス解消をしていく事が高血圧予防に効果があるとされています。

 

なぜ、ストレスが高血圧に影響するかと言うと、高血圧の症状に動脈硬化がありますが、ストレスで交感神経が刺激されると血小板機能が活発になります。

 

血小板機能が活発になると、いわゆるドロドロ血になり,

血管壁へ与える刺激が増して動脈硬化が進んでしまうので、高血圧の方にとってストレスは大敵と言われているのです。

 

また、交感神経が活性化すると神経伝達物質のノルアドレナリンが分泌されます。

このノルアドレナリンは血圧を上げ、腎臓でもレニンの分泌によって血圧上昇作用のあるレニン−アンジオテンシン系というホルモン分泌が活発になり、一層血圧を上げやすくなります。

 

高血圧では運動療法や趣味などを積極的に取り組み、自分にあったストレス解消法を探してリラックスするようにし、血圧を下げる副交感神経が働きやすいように十分な睡眠を取る事も大切です。